当院の一般内科診療の特徴として 

・関節リウマチ、および膠原病診療で培った、他の合併症も考慮した総合内科としてsystematical(体系的)な診療を行ってきたおかげで、免疫メカニズムだけではなく内科臨床全般にわたる幅広い知識と経験してきた自負があります。またこれらの免疫疾患の患者さんは一般内科で扱う高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症と言ったcommon diseaseや、シェーグレン症候群や全身性エリテマトーデスでしばし散見される甲状腺疾患、貧血等の血液疾患を合併されるケースも多々あり、これらの疾患を体系的に診療しております。

・当院では総合病院で使用するものと同等のシーメンス社製の血液検査装置、生化学分析装置を導入しました。これは最短35分で白血球分画を含めた血算、CRP、腎機能、肝機能、電解質はもとより脂質、HbA1cを含めた血糖値まで結果が出ます。そのため採血のために受診して頂くという2度手間がなくなり、薬剤もその日のうちに調節することが可能となり、クリニックレベルではハイレベルな、総合病院と遜色ないより質の高い一般内科、生活習慣病診療を可能としております。

当科で扱っている一般内科疾患の例として

 高血圧

 糖尿病

 高脂血症

 高尿酸血症

 鉄欠乏性貧血

 大球性貧血

 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

 甲状腺機能亢進症(Graves病(バセドウ病))

 甲状腺機能低下症(慢性甲状腺炎(橋本病))

 更年期障害  

などの患者さんが通院されております。

・一般内科疾患にて、より専門性が必要と判断した場合は適切な高次医療機関へご紹介しております。

・万が一入院が必要な際は医療連携を通じて適切な医療機関(例:太田記念病院、イムス太田中央総合病院、足利赤十字病院他)へご紹介しております。

・その他ご質問、不明な点がございましたら遠慮なくaozorarheum@star.ocn.ne.jpにお問い合わせください。